FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック後遺症

私は数年前に両眼レーシックを受けました。
ところが過矯正(遠視)となり、耐え難い様々な症状が出ました。
今日この日まで、一日たりとも目のことを忘れたことがありません。というより、症状が強すぎて忘れることができないのです。
これまであちこちの眼科でセカンドオピニオンを受けました。後遺症患者を受け入れてくれていたある眼科では過矯正との診断だったものの、大部分の眼科でわからないと言われ続けてきました。それならば精神的な問題や別の病気でもあるのかと必死で調べ、あらゆることを試しましたが解決には至りませんでした。周りから見れば神経質すぎとも言える異常な行動だったと思いますが、それだけ厳しい状態でした。
苦しみ苦しみ、時間をかけやっと分かった原因。
それが結局は「過矯正」だったのです。
これまでに、数回レーシックによる遠視矯正を受けています。屈折度は数値的にはやっと正視付近に落ち着きそうなのですが、その度に新たな合併症が出現しています。あれから数年が経過した今でも後遺症が残っているということです。
このブログは、私自身の人生の一部を記録として残すために、また目という器官がどれほど大切なものであるかを思い知った当事者として、これまでの軌跡を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MD-87

Author:MD-87
私は数年前にレーシックを受けました。その後、目の不調に悩まされ続けています。実際に私に起きた合併症、後遺症について事実を記録に残そうと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。